カバン

先日、妹とカバンって古くなって使えなくなってしまっても、
捨てるタイミングがなかなかつかめないよね、という話をしていました。
 
「なかなか捨てらんないだよねぇ」
「わかるわかるぅ」
 
カバンは値段も張りますし、さらに愛着のわくものなので、たとえかなり使い古してしまったとしてもなかなか捨てれないんですよね。
だからといってもリサイクルショップでも買い取ってもらえなさそうな古ぼけぶり。
これは買い取れませんと言われたとして、それを持って帰るのか…。
 
私の家にも、一つ大変気に入っている古ぼけたカバンが一つ。こういうカバンをさくっと捨てられるメンタルだったら良いんですけれども、カバンを見てため息ばかり。
いつあのカバンとお別れできるのか、いまだにわかりません;
広告を非表示にする